廃車の手続き代行から廃車の買取、引き取りまで、面倒な廃車、事故車の手続き、廃車のことなら「廃車110番

廃車の手続き、買取、引き取りのプロ。「廃車110番」。バイク、軽自動車、事故車など。 廃車の手続き、買取、引き取りのプロ。「廃車110番」

廃車の手続きから買取、引き取りなど、
廃車のことなら何でもご相談下さい。

廃車の買取、引き取りから廃車の手続き代行まで廃車のことなら「廃車110番」まで!

廃車手続きに関するよくある質問

廃車に関するQ&A

自動車税って結局なんなの?
⇒普通自動車の自動車税とは!
毎年4月1日現在の車の持ち主(所有者もしくはローン等で購入しているときは使用者)対してかかる税金です。

1.納付通知書送付時期
5月中には各都道府県税事務所より郵送されます。納付手続きは税事務所ま たは郵便局や銀行などの金融機関の窓口で納付期限の5月31日(地域により5月30日の ところもあります)までに行います。納付期限を過ぎると、延滞利子(延滞金)を払 わなくてはならなくなるので注意が必要です。

2.月割課税制度
月割りの納付制度がございますので、年度中に廃車した場合は、月割りにより税金 が還付されます。ただし、県内・県外を問わず、移転登録の場合は、前の所有者がそ の年度1年分の自動車税を納める義務がありますので、還付されません。新所有者に は、翌年度から課税されます。

3.自動車税の返還
年度の途中で車を廃車すると、税事務所からその翌月分から年度末までの残余分が年 税額を月割りにして4月1日現在の名義人に対して返還されます。 自動車税は車の使用者(名義人)に対して課税されるので、名義変更や廃車登録を行 わずにいると、名義人に納税通知書が送られてきますので注意が必要です。名義変更や廃車の手続きはきちんとしておくようにしましょう。

⇒軽自動車の軽自動車税とは!
毎年4月1日現在の持ち主(使用者)に対してかかる税金です。

1.納付通知書送付時期
既に送付されているものもあるかと思いますが、こちらも5月中には郵送されて参 ります。市区町村によって 納付期限に差があるようなので詳しくは管轄役所までお 問い合わせください。

2.月割課税制度
軽自動車税は自動車税と異なり月割課税制度がありませんので、年度の途中に登録 してもその年度中税金はかからず、次年度から支払うことになります。 そのかわり、年度の途中に廃車をしても税金は戻りません。

「リサイクル料金」についてですが、古い車ですので、リサイクルできる部品や 材料等があるかどうかわかりません。このような車でもリサイクル料金はかかるのですか?
自動車リサイクル法では、お車を解体する際に生じる廃棄物(エアコンのフロンガス・エアバック・*シュレッダーダスト)を適正に処理するための処分料金も含まれております。そのため、リサイクル料金はすべてのお車が対象となります。

※ シュレッダーダストとは・・・
解体したお車を破砕(はさい)し、有価金属を回収した後に残るものを言います。主な成分はプラスチックやゴム、ガラスとなっており、自動車リサイクル法の施行により、 国の定める基準に従いリサイクルされます。

リサイクル料金の負担者は誰になりますか?(特に割賦販売やリース車両の場合)
自動車リサイクル法においては、車検証上の「自動車所有者」様に、リサイクル料金をご負担いただくことになっておりますが、リース車両や割賦販売の場合など、自動車検査証に記載されている所有者様と異なる場合があります。

・所有者様がご本人様場合:車検証上 の所有者様
・所有者様がローン会社やディーラーである場合: お買い上げ主様(自動車検査証上の使用者様)
・リース契約の場合 : リース会社(自動車検査証上の所有者)

戸籍の謄本(とうほん)と抄本(しょうほん)の違いは?
戸籍の記載の全部を、原本と同一の様式によって転写したものを戸籍謄本と言います。
これに対して、戸籍の記載の一部を抜粋して転写したものが戸籍抄本となります。

戸籍の附票とはどんなものですか?
戸籍の附票とは、新しく戸籍を作った(本籍を定めた)時以降の、住民票の移り変わりを記録したものです。戸籍とセットで本籍地の市区町村が管理しています。

<自動車保険の素朴な疑問コーナー>
任意保険の中断証明書って何ですか?
お車を、廃車・譲渡・返還・または海外赴任や留学などで海外に渡航され、自動車保険を中断される場合には、ご契約者様のお申し出により、中断証明書を発行することができます。
中断証明書を取得されておきますと、その後、新たに自動車保険をご契約される際に、証明書に記載された*ノンフリート等級が適用されます。

*ノンフリート等級:ノンフリートご契約者様に適用される保険料割増引制度で、1等級から20等級までの等級区分に分かれています。ノンフリート等級は、他の損害保険会社やJA共済等からも引き継ぐことができます

<発行条件 (契約中断時に必要な条件) >
* 次回適用する等級が7等級以上であること。
* 中断の理由が廃車・譲渡・返還のいずれかであること。また、海外渡航の場合には、中断した契約の末日から6ヶ月以内に出国すること。
* 発行は、中断日の翌日より13ヶ月以内に申し出ること。

任意保険が切れてしまったら、無事故割引は最初からやり直しになってしまうのですか?
前ご契約の満期日の翌日を起点日として、7日以内の日でございましたら、 そのままの割引(等級)を引き継いでいただくことが出来ます。 8日〜13ヶ月までの場合、前契約の等級が1〜5・6等級でしたら前等級と同じになり、 6等級から20等級の場合には6等級となります。

自賠責保険を解約する場合、どのような手続きが必要ですか?
ご契約者様は、次の書類をご用意いただいた上保険代理店でのお手続きとなります。

1.自賠責保険証明証
2.自動車損害賠償責任保険承認請求書(保険代理店にございます)
3.身分を証明できるもの
4.解約の条件を満たしていることを証明できるもの(抹消登録証明書など)
5.印鑑(認印)

廃車の手続きはどこでするのですか?
ご使用の本拠の位置となるご住所を管轄する運輸支局・自動車検査登録事務所になります。
所在地は下記をご参照下さい。

全国運輸支局のご案内

車の手続きに関する用語解説

委任状

⇒ご本人様が直接登録手続きをされない場合、代理人に申請に関する権限を委任する旨を書いた書類です。

印鑑証明
⇒市区町村に届け出て印鑑登録をした一定のハンコ(実印)の証明書のことです。

自動車登録番号
⇒ナンバープレートに表示されている文字のことです。

車台番号
⇒自動車メーカーが車種ごとに決めた製造番号(番号や記号)のことで一連番号となっており、同じ番号の自動車はありません。

所有権解除
⇒ローン支払い中で、所有者がディーラーなどから車の持ち主に変えるときに行う手続きのことです。

所有権保留車
⇒ローン支払い中で、所有者がディーラーなどの会社になっている登録車をいいます。

認印
⇒普段使用される三文判のことで、略式の印鑑になります。

廃車にすると、自動車税・自動車重量税・自賠責保険は還付されるのですか?
はい。適正に手続きを行うことにより還付されます。

◆自動車税
自動車税が未払いでも陸運局での廃車手続きは出来ます。 手続きが終了して約2ヵ月後に、再計算した金額で納付書が送られてきます。
既に、今年度分の自動車税をお支払いの場合は年度の途中で廃車にされると、 残り期間に応じて月割計算でお金が戻ってきます。
手続きを終了してから約2ヵ月後に還付の通知書が送られてきますので、そちらをお持ちになり、指定された金融機関でお手続きをして下さい。
* 軽自動車の場合は年度の途中で廃車しても自動車税の返戻金は御座いません。

◆自動車重量税
車検の有効期間を1ヵ月半以上残して廃車される場合には重量税が還付されます。 (車検の有効期間が1ヶ月未満の方には還付が御座いません)

“廃車ひきとり110番”ではこちらの手続きも代行しておりますので是非ご依頼下さい。

[自賠責保険]
自賠責保険の有効期間が残っていればその期間に応じて保険料が戻ります。
( 保険期間が 1 ヶ月未満の場合には還付が御座いません)

保険会社に解約のお手続きをした日が起算日として計算されますので、抹消登録が完了致しましたらお早めにお手続きされることをお勧めいたします。

還付手続き手順等につきましては、ご加入されている損害保険会社にお問い合わせ下さい。

また “ 廃車ひきとり110番 ” ではこちらの手続きも代行しておりますので是非ご依頼下さい。


リサイクル料金を支払い済みかどうかはどうしたらわかるのですか?
自動車リサイクルシステムホームページ上の、ユーザー向けリサイクル料金等照会機能
(<ご利用時間帯> 7:00〜24:00)を利用し、車検証上の車台番号(下4桁)・登録番号(ナンバープレートの番号)をご入力していただければ預託状況がご自身にてご確認いただけます。

車の所有者が信販会社、ディーラーになっている場合でも廃車にできますか?
できます。ただし、ローン完済前の場合でも完済後でも所有権解除のお手続きが必要になります。

◆ローンを完済している場合
ローンを完済している旨、廃車にされる旨を信販会社・ディーラーに連絡していただき 手続きを行ってください。所有権解除が行われると次の書類が送られてまいりますので、 そちらをご提出下さい。

1. 所有者の委任状
2. 所有者の譲渡証明書
3. 所有者の印鑑証明書

◆ローンを完済していない場合
残債がございましても抹消のお手続きは出来ます。 ローンの組み替え等を行なうことにより引続き残債をお支払いいただき、 車輌自体は解体をされて陸運局で抹消登録のお手続きをすることになります。 引取りお申込み時に、残債があることをお知らせ下さい。

車検証に記載してある住所と、現在の住所が異なるのですが
車購入から現在までに住所の変わった回数によって、ご用意いただく 書類が異なります。
通常の書類のほかに、下記の書類をご用意ください。
【自動車を登録した後、引越しなどで1回だけ住所が変わった場合】 住民票
【自動車を登録した後、引越しなどで2回以上住所が変わった場合】 戸籍の附表

結婚して苗字が変わっているんだけど
車の名義の氏名変更をしていない場合は、本籍地の役所において戸籍の抄本または謄本をとる必要があります。
転居を伴っている場合は抄本(謄本)と戸籍の附票を合わせてとれば住民票をとる必要はなくなります。

他県ナンバーの車を今の住所の近くの陸運で廃車できる?
車の登録されている地区の陸運でも、住民票のある地区の陸運局でも、 どちらでも可能です。

まだ自動車税を払っていないけど廃車できますか?
できます。抹消手続きは国の、自動車税は都道府県の管轄です。
約2ヵ月後に、4月から廃車した月までの自動車税の請求書が、 自動車税事務所から送られてきますので、その時に支払うことになります。

車検証をなくしてしまいました
陸運局で「現在登録証明書」を発行してもらい、 あとは通常通りの手続きとなります。

車検日までに書類が間に合わないのですが
必要書類の準備が間に合わなくても、積車にて保管場所まで引き取りに参りますのでご安心下さい。
したがって書類は後日郵送でも構いませんので、ご相談ください。

解体証明書は発行できますか?
ご希望の場合、もちろん発行いたします。
解体証明書とは、古物商の許可を取った自動車解体業者のみが 発行できる書類で、
その会社の古物登録番号や、解体した車の型式、 解体日等が記載されています。
15条(完全抹消)による抹消手続きや、自動車税の支払いを 止める時に使用します。

休日でも車を引き取ってもらえますか?
出来ます。引き取り時間に関しては、お客様と打ち合わせして決めさせていただきます。

解体された部品はどんな国へ輸出されますか?
国内はもちろん、アジア、マレーシア、タイ、ドミニカ、キプロス、 ジャマイカ、シリア、フィリピン、ロシア、アメリカ等の需要の多い 国々へわたり、活用されます。

車の所有者が死亡している場合は?
 亡くなった方の法定相続人の方であれば、廃車手続きができます。
法定相続人が自分以外にいる場合など、状況によってご用意いただく書類が異なりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。 廃車に関する相談

★ここに載っていない内容については、お気軽に下記までお問合せください。
また、お客様やお車の状況等により、細かい手続きが異なる場合もありますので、事前にご相談されるとよりご安心いただけます。⇒ご相談窓口はこちら 廃車手続きに関する相談




廃車手続きのプロ 廃車の引き取り、買取、廃車の手続きなど


廃車の引き取り、買取から廃車手続きまで






◆ご利用の手順は簡単です。

【お申込み】

まず、お車の車検証をお手元にご用意いただき、廃車ひきとり110番 廃車の買取、引き取り、廃車の手続きのページから、

「ご利用の手順」廃車はネットから簡単手続き
↓↓↓
@『お問い合わせ』


の順にお進みください。
ページ内にある「廃車無料相談フォーム」より必要な情報を送信してください。

※情報はSSL通信により暗号化されて送信されるのでご安心ください。
※24時間以内に見積り・査定額等をお知らせします。
※24時間以内に返信がない場合は、サーバトラブルの可能性があるので、お手数ですが再送信してください。


【お車の引き取り】

お車の引き取りに伺います。廃車引き取り
◆見積り・査定額をご相談、ご納得いただければ、ご都合に合わせて取り決めた日時に廃車引き取り110番のスタッフがお車を引取に伺います。

◆引き取り時に必要書類をお渡しください。

◆(お願い)
お車の中の荷物などはお引取りの前に片付けておいてください。



【お引取り後の手続き】

◆(費用の精算)
廃車ひきとり110番からお客様へのお支払い
お車を引き取ってから、3日(金融営業期間)以内にご指定の口座に振り込みさせていただきますので、ご確認ください。

お客様よりお振込みいただく場合
お車の引き取り後7日(金融営業期間)以内に指定口座にお振込みください。廃車引き取り手続き

◆廃車ひきとり110番でお車の抹消登録手続きを行います。

◆抹消登録を行うと約2ヶ月以内に還付登録手続きが行われます。

◆解体車で、引き取り後、車検が残っているお車の場合は弊社にて名義変更手続き後、抹消の手続きをいたします。
その一時抹消登録証明書と、引取り証明書をお客様に送付いたしますのでご確認ください。
また、すでに一時抹消されているお車の場合は、引取り証明書をお送りいたします。


廃車手続きのプロ「廃車ひきとり110番」

駐車違反など、交通違反の反則金を全額、しかも何度でも補償!「青キップ110番」
駐車違反など、交通違反反則金(青キップ)を何度でも全額補償する保険「青キップ110番」







簡単手続きで快適なカーライフを!「廃車ひきとり110番」



廃車ひきとり110番 廃車手続きのプロ「廃車110番」では、ほぼ100%のリサイクルを実現しています。
リサイクル出来る部品が増えればそれだけ廃車引取り時の車の価値が上がり、ユーザー様が負担する廃車費用も安くなります。

もちろん、お車によっては廃車せず買取りさせて頂くケースもございますので、是非ご相談ください。
あなたの不要になった車がお金になるかもしれません!


廃車の買取、引き取り、廃車の手続き代行「廃車引き取り110番」 廃車手続きのプロ
廃車・事故車の全国一律見積り・査定。自動車の引取りから廃車後の手続きまですべておまかせください!全国対応します。 廃車手続き代行業者「廃車ひきとり110番」